むくみがスゴかったんですよ…

最初は膝からで。
仕事中に片膝ついた時にプロレスラーとかが着けてるニーパットでもしてるんじゃないかってくらいのクッション性があり。で、日に日に膝から下が巨大化して遂には太ももと同じくらいの太さ。足もフーセン膨らましたようにパンパン。

むくみが邪魔でしゃがむ事すらできなくなって仕事に支障をきたしそうな感じだったので病院に。
なんか薬もらって終わるかな…くらいに思ってた程、にらいは病気がらみに無頓着です。

病院に行って医師がオレの顔と足を見た瞬間、紹介状を書き始め、
「すぐに大きい病院に行きなさい。間違いなく入院になるよ…っていうか、それで昨日まで仕事行ってて今日病院まで歩いてきたってのが信じられない。人間業じゃない」
とかボロクソ言われる。

「で、紹介する病院だけど、3つくらいから選べるけどどうする?」
コテンパンに言ってたわりには変なところで選択肢広いな…
職場が駅前なので、アパートと松本駅の間にある病院に決め、移動走る人←やっぱり歩き

たどり着いたのはデカイというよりは少しこじんまりとした病院。
内科&外科で入院施設がある、ちょうどいい大きさの病院だな。これ以上デカイと回転重視でテキトーになりがちだ。

紹介状を出し診察してもらうと、「今日と明日で検査して、そのまま二週間ほど入院してください」とのこと。

オレ「じゃあ今日は検査して家帰って明日検査して、そのまま入院ですか?」
医師「いや、今日の検査終わってすぐ今日から入院してください」

はぁ?

オレ「え?いやいや、入院しようにも着替えやら文庫本やら(←)パソコンやら(←おい)持ってこないといけないし、入院するとか会社にも言ってないし、月末近いから入院するなら光熱費やらの払込とか済まさないといけないんで明日からにしてください」
医師「わかりました。じゃあ明日の10時で」

即入院させようとしてた割には、えらいアッサリ了承するんだな…

店に戻り、結果を説明して入院することを伝え、「どうやら肝臓のようです。B型とかC型肝炎かアルコール性肝障害か肝硬変か肝臓ガンかはわかりませんが」と言うとパートのおばちゃんの一人が
「やっぱり肝臓なの?2〜3週間前からなんか目や肌が黄色っぽいと思ってたのよ。やっぱり黄疸だったのね」とか言い出した。


思ってたら言えよ。


で、払込とか済ませて、百均で必要になりそうなものを揃えて、どうせ翌日からろくなもの食べれなくなるからということでラーメンとカレー食べて帰宅、荷物もまとめて翌日に備え爆睡。